仮想通貨「Likecoin」が使用できる場所や使用方法 投資はできるの?

仮想通貨「Likecoin(ライクコイン)」は、以前VIPコインと呼ばれていました。旧VIPコインと同じ名前の仮想通貨が、海外に存在していたことから、2014年1月に名称をLikecoinに変更して、改めて公開されました。Likecoinは、採掘している人口が少なく、ディフィカルティとハッシュレートが低いことで知られており、その分だ保有者が限られている仮想通貨になっています。

仮想通貨であるKumacoinの開発者が、Kumacoin前に開発したものがLikecoinです。Likecoinは、Scypt形式の暗号を使っているため、ハッシュレートが小さい場合のASICであったとしても、採掘することが簡単になっています。以前は、Lavaプールで採掘することが可能になっていましたが、現在使用できるのはLAマイニングプールになっており、ここで採掘することができるようになっています。

ライクコインは、2014年7月12日に、MonacoEXに上場をして、他国で作られた暗号通貨との取引や投資が可能になりました。しかし、ゲートウェイ(取引所)が閉鎖されたことによって、2014年10月15日にライクコインの取引は停止されています。

現在、世界中のゲートウェイでライクコインを上場している取引所がないため、使用方法が限定的な状態になっています。インターネット上でのオークションサイトなどでも、ライクコインの出品はほとんどないため、採掘によって入手をするか、アルトコインや仮想通貨、暗号通貨の両替所のような販売運営を行っているような業者やサイトを見つけるしか方法がなくなってきています。

2014年8月に、twitterの中でオンラインウォレットである「@tiplike」がオープンになりました。これにより、ライクコインをtwitterの中で交換や取引を行うことができるようになりました。また、コマンドによって、「@tiplike giveme」を送れば、いくばくかのライクコインが入手できるようになっています。

海外のアルトコイン収集家、暗号通貨愛好家が、「@tiplike」を利用していることがあります。ただし、両替所に対して、「@tiplike giveme」を送っても、現在ライクコインを取り扱っているところが存在しておらず、入手することはできなくなっています。現在は、ライクコインを使用できるところを見つけるのが難しくなっています。

仮想通貨「Zetacoin」が使用できる場所や使用方法 投資はできるの?

仮想通貨「Zetacoin(ゼタコイン)」は、2013年8月3日に公開されたビットコインの0.8.99バージョンソースコードのクローンコインとして知られています。Zetacoinは、公開初年度に160,000,000分が発掘され、その後、年間1,000,000分がインフレ供給されていまう。

ZetacoinのアルゴリズムはSHA-256を利用しており、最新の90ブロックに基づいて、4ブロックごとに難易度を変えることによって、難易度ターゲットタイムが調整されています。

Zetacoinの特徴は、ブロック生成間隔がわずか30秒になっていることです。これはビットコインの20倍のスピードであり、この改善にZetacoinのエンジニアは相当な努力をしたと言われています。これに加えて、難易度変更が随時実施されています。

ゼタコインの開発者は、新発掘されるコインが年間1,000,000分インフレ供給されていることについて、ネットワークハッシュのメインテナンスとして、良いことであると認識しています。

ゼタコインは主にアメリカで投資が行われいる仮想通貨になりますので、アメリカのゲートウェイ(取引所)で使用できる形にあんっています。使用方法としては、ビットコインを経由することになります。

ゼタコインを購入する場合、米ドルなどの法定通貨を使って一旦ビットコインを買って、そのビットコインを売って、ゼタコインを買うというプロセスを経なければなりません。

アメリカのゲートウェイでゼタコインの価格推移などを見てみると、単価が米ドル表示ではなく、ビットコイン表示になっています。

そのため、ゼタコインを保有している投資家は、法定通貨に換金する前に、ビットコインを買ってから、米ドルに交換するという形になります。

ゼタコインの開発チームは活発に改善を続けており、複数のモバイルウォレットプロジェクトを実行しており、様々なマーケティング・ストラテジーやプレゼントキャンペーンを行っています。

ゼタコインは、ロイヤリティーの高いコミュニティ・ファンを持っていることでも知られています。そのコミュニティ内で、さまざまなマーケティングやプレゼントキャンペーンが実行されています。また、その中で、プロジェクトが進行することもあり、ゲーム基盤が作成されています。ユーザーの支払方法を増やすため、アンドロイド用のウォレットがリリースされています。

仮想通貨「Infinitecoin」が使用できる場所や使用方法 投資はできるの?

仮想通貨は、日本でも注目が集まっており、新聞や雑誌など様々なメディアで特集されることが多くなっています。最近では、暗号通貨と呼ばれることも多いです。

暗号通貨の中で、最も有名なのがビットコインです。ビットコインは、P2Pネットワークを利用して運用される暗号通貨です。ここ数年で、ブロックチェーン技術が様々な分野で利用されるようになっています。ビットコインも、ブロックチェーン技術を使っています。

仮想通貨、暗号通貨というと、電子マネーを想像する人も少なくありません。日本では、様々な電子マネーが使われています。しかし、ビットコインと電子マネーとでは大きな違いがるのです。ビットコインの価格は、外貨取引と同じような変動制になっており、需要が増えれば価格は上昇します。逆に、需要が減ると価格は下がるのです。通貨は、中央銀行が管理を行っています。日本であれば、日本銀行が管理を行っています。しかし、ビットコインには、発行を管理する組織が存在しないのです。

ビットコインのような暗号通貨は、コンピューターネットワークを利用して分散して管理が行われています。データを分散して管理しているので、中央に巨大なシステムを置かなくても安全に管理することができるわけです。ビットコインの成功により、様々な暗号通貨が次々に誕生しました。Infinitecoinもそのひとつです。Infinitecoinは、scryptと言われるアルゴリズムに基づいた多供給量の暗号通貨です。scryptは、ビットコインのアルゴリズムを組み合わせたものですが、計算はビットコインのアルゴリズムよりも優れています。scryptは、大量の高速RAMに有利です。

Infinitecoinは、ビットコインに比べると、かなり小規模です。ビットコイン以外の暗号通貨は、アルトコインと呼ばれています。アルトコインは、基本的にどの通貨もビットコインを元にして開発されています。ビットコインの欠点を補ったり、ビットコインにはない新しい機能を搭載しているのが、アルトコインの特徴です。アルトコインは、様々なシーンで使用できるもので、使用方法は使う人により違います。最近は、投資対象として見ている人も増えています。

アルトコインを投資対象とする場合、大切なことは、対象のコインをよく知ることです。
現在、アルトコインの数は1000種類以上あり、今後さらに増えると予測されています。

仮想通貨「Feathercoin」が使用できる場所や使用方法 投資はできるの?

仮想通貨「Feathercoin(フェザーコイン)」は、2013年4月16日に開始され、同じ暗号通貨であるlitecoinの高速通信化を実現し、かつ軽量化されたバージョンとして設計されました。ビットコイン以外の通貨であるアルトコインは、世界中で大量発行されていすが、Feathercoinはアルトコインの中で最も成熟している仮想通貨の一つとして数えられています。

イギリスの名門大学であるオックスフォード大学を構成しているカレッジの一つである、ブレーズノーズのインフォメーション・テクノロジー責任者であるピーター・ブッシュネル氏が、Feathercoinのリード開発者として立ち上げに参画しました。

Feathercoinが2013年4月16日に始まって以来、安定して使用できる環境が続いていました。しかし、開発のわずか2カ月後である2013年6月に、Feathercoinは51パーセントにおよぶアタック攻撃を受けました。フェザーコインで投資をしていた人は、これにより若干の影響を受けましたが、2013年8月、9月には早くも急激な値上がりに転じました。

その後、しばらくの間、フェザーコインの値は大きく下がりましたが、現在は比較的安定した状況で推移しています。また、ネットワーク・ハッシュレートも、安定している方の仮想通貨であり、様々なアルトコインが発行されるなかでも、フェザーコインは一定のファン層の心をつかんでいます。

2013年6月にアタック攻撃を受けたフェザーコインは、ブロックチェーンの中にアドバンスド・チェック・ポイント機能を持つようになりました。これは、マスター・ノードを経由して、チェックポイントのフェード内容を公開して、顧客のソフトウェアへの変更を不要にしたものです。

チェック・ポイント機能は、仮想通貨の使用方法としてあまり知られていません。これは、ブロックの内容をレコードすることによって、ブロックチェーン自体の整合性をメンテナンスする手法になっています。ビットコインや他のアルトコインでは、顧客のコードにチェック・ポイントが格納されているケースがほとんどです。

セキュリティの高いチェック・ポイント機能によって、フェザーコインはその後、大きな攻撃を受けておらず、信頼を回復しています。51パーセント攻撃を受けた仮想通貨の中で、現在も存続しているアルトコインはフェザーコインだけになっています。

仮想通貨「Primecoin」が使用できる場所や使用方法 投資はできるの?

Primecoin(プライムコイン)はPeercoin(ピアーコイン)を作ったサニー・キング氏が2013年に生み出した別の仮想通貨で、採掘(マイニング)に使用される特殊アルゴリズムを元に名付けられました。Bitcoin(ビットコイン)はhashcash(ハッシュキャッシュ)というアルゴリズムを使用して、Bitcoin(ビットコイン)の重複回避や認証を行っていますが、Primecoin(プライムコイン)はhashcash(ハッシュキャッシュ)を行わないで、Proof of work(プルーフオブワーク)を使った暗号通貨です。

カニンガム鎖というPrime number(プライムナンバー)という素数を繋げた文字列を探します。RSA暗号は素数が大きければ大きいほど暗号効果が高いとされていて、1970年代頃から暗号化したメッセージをやり取りする際利用されていた手法です。カニンガム鎖はCunningham chain of 1st kind(第1カニンガム鎖)とCunningham chain of 2nd kind(第2カニンガム鎖)、そしてbi-twin chain(ビットツイン鎖)という3つの素数の列を探す計算を行います。その結果、Primecoin(プライムコイン)のネットワークはさまざまなことにエネルギーを利用しています。

採掘(マイニング)だけでなく、ブロック難易度においてもいくつか進歩を持ち、ブロックの採掘(マイニング)はBitcoin(ビットコイン)のような半減期に、急に半減するようなインパクトを発生させません。Difficulty(ディフィカルティ)つまり難易度がアップし、採掘(マイニング)できる率が低下するアルゴリズムによって行われ、以前のブロックのハッシュレートをベースにしてDifficulty(ディフィカルティ)を調整します。Primecoin(プライムコイン)の供給量には上限がないのが特徴で、採掘する人のDifficulty(ディフィカルティ)の調整によって変更することができます。Primecoin(プライムコイン)には開発チームとコミュニティがあり、さまざまな取引所において使用できる主要な通貨の1つになりつつある状態です。

Bitcoin(ビットコイン)など他の仮想通貨との取引において、ペア通貨的な使用方法で運用されており、モナーコイン取引所など多くの取引所で投資目的として積極的に取引されています。

仮想通貨「Megacoin」が使用できる場所や使用方法 投資はできるの?

Megacoin(メガコイン)はニュージーランドにあるクラウド・ストレージサービスである「MEGA(メガ)」をイメージして作られたと言われている仮想通貨であり、アルトコインです。開発者は匿名でMEGA(メガ)の創業者Kim Dotcom(キム・ドットコム)氏をもじったと言われています。システム的にはLitecoin(ライトコイン)のクローンですが、多くのアルトコインにおいて採用されている「Kimoto Gravity Well(キモト・グラヴィティ・ウェル)」と呼ばれるDifficulty(ディフィカルティ)調整方法を発明し導入した最初のコインとして有名です。

Megacoinが公開したのは2013年で、Proof of Work(プルーフオブワーク)システムを使用しており、アルゴリズムはScrypt(スクリプト)です。コイン発行の上限は42,000,000MECで、Difficulty調整は1ブロック毎です。Litecoinと仕組みはほとんど同じですが、Difficulty調整がKimoto Gravity Wellと呼ばれている特殊な方法を用いて1ブロック毎に実行され、ブロック報酬が最初に非常に高いのも特徴的です。Kimoto Gravity Wellが発明された理由には、multipool(マルティプール)の問題があり、Multipoolは複数のコインから最も利益率の高いコインを選択し、採掘(マイニング)するマイニングプールのことで、multipoolでは採掘する人が低いDifficultyのコインに集中することになります。

採掘を続けていくと、Difficultyが上昇することで利益率が低くなり、他のコインの採掘に人は移ることになり、このことによって元のコインではDifficultyが高いのにも関わらず、採掘する人が少ない状況になり、残された人がブロックを発見するのに多くの時間を費やすことになります。採掘する人がその報酬を手に入れるのに多くの時間がかかってしまうという問題だけではなく、取引における認証にも多くの時間を費やしてしまうことを意味するので、コイン自体の価値を大きく下げてしまう原因となってしまいます。

Multipool対策として発明されたのが、Kimoto Gravity Wellで、1ブロック毎にDifficultyが調整されるのが特徴です。Kimoto Gravity Wellを用いることによって、直前のブロックを参照して1ブロック毎にDifficulty調整を行うことが可能です。Megacoinは世界中にあるいろいろな仮想通貨の取引所で使用できるアルトコインで、使用方法としてビットコインと交換したり、投資目的に利用している人も多くいます。

仮想通貨「WorldCoin」が使用できる場所や使用方法 投資はできるの?

経済ニュースなどで報道されることが多くなったビットコインなどの仮想通貨は、暗号通貨とも呼ばれています。
仮想通貨法が施行され、利用者保護のためのルールも整備されたことによって、大きな注目を集めています。

大手家電量販店でも、ビットコインでの支払いができるようになっています。WorldCoinは、分散型P2Pの暗号通貨です。WorldCoinは、暗号通貨の中でもスピードが売りで、取引速度はビットコインの20倍です。ビットコインの場合は、何度も検証を行うため、取引にかなり時間がかかることもありますが、WorldCoinであれば、スピーディーに作業が完了します。

取引に30秒ほどしかかからないため、創設された当時は話題となりました。商用としても使用でき、使用方法は多岐に及びます。投資対象としても使用できるのは、他の暗号通貨と同じです。ビットコイン以降に創設された暗号通貨は、アルトコインと呼ばれています。ビットコインが市場に浸透して需要が増えたことで、世界各国で様々な暗号通貨が誕生しています。暗号通貨で最も有名なビットコインは、ブロックチェーンを元に構築されています。

ブロックチェーンとは、取引したデータを、特定のコンピューターによって集中して管理するのではなく、複数のコンピューターで分散して管理をする技術です。これまでの中央集中型の管理システムでは、何らかの理由によりデータが不正に書き換えられた場合、システムを運用する会社の管理者がデータを復旧するので、膨大な時間がかかっていたのです。しかし、ブロックチェーンだと、同じデータを複数のコンピューターで分散して管理を行っているので、一部のコンピューターが使えなくなっても、正しいデータを監視しているコンピューターが他にもあるため、データを素早く復旧することができます。

また、分散管理型のシステムだと、すでに存在する複数のコンピューターの資源を使うため、運用コストを大幅に削減することができるのです。ブロックチェーンは、世界を変えると言われています。なぜなら、ブロックチェーンの技術により、公正な取引を保証することが、中央管理者なしでできるようになったからです。仮想通貨が通用するのは、暗号技術が使われているからです。

暗号技術に対する高い信頼性によって、デジタルデータでの通貨に対する信頼が担保されているのです。
ブロックチェーンは、金融分野を超えて、様々な分野でも活用が始まっています。

仮想通貨「c0ban」が使用できる場所や使用方法 投資はできるの?

c0ban(コバン)とは、株式会社LastRootsによって開発され、2016年秋にリリースされた仮想通貨で、ブロックチェーン・テクノロジーを活用しています。イメージモチーフは、日本の江戸時代に貨幣として利用されていた、小判が由来となっています。

ブロックチェーン・テクノロジーとは

ブロックチェーン・テクノロジーとは、仮想通貨ビットコインにも使われている技術で、中央集権が置かれず、世界中に点在するパソコンにデータを置いて、みんなで監視し合う、分散型のシステムとなっているため、不正をすることが非常に難しくなる技術のことです。c0banはオープンブロックチェーンのため、発展に寄与することを目的とした一般財団法人が存在するだけで、主体運営者が存在しません。また、1つのコンピューターが壊れても、複製しながら復活することもできるので、安全、安心できる技術です。大手銀行でも導入されている技術です。
また、仮想通貨とは、インターネット上で存在する通貨で、目に見えないことが最大の特徴です。ですが、れっきとしたお金であることに変わりません。お金なので、単位があり、両(RYO)という単位になっています。

c0banの使用方法

使用方法は、まず持銭という保管場所に保管され、送金をするには、千両箱と呼ばれるウォレットに移動させます。現在は、1日に1回、10両単位で移動をさせることがき、ショッピングやサービスに利用できます。
この仮想通貨であれば、専用の取引所サイトにて円と交換したり、アプリで動画を配信している店舗で利用したりすることができます。

 

まず1番簡単な取得方法は、スマホアプリをダウンロードして、CMを視聴するという方法です。アプリは当初はアンドロイドのみダウンロード可能でしたが、現在ではiPhoneもダウンロードすることが可能となっています。会員登録には、メールアドレスが必要となっています。携帯電話会社のキャリアメールを使用する場合は、ドメインを指定受信を設定することで、登録ができます。
アプリ内では、様々な企業が無料でCMを配信しています。CMはアプリを起動し、ログインするだけで流れる仕組みになっています。15秒~90秒のCMを最後まで視聴したあとに、画面に表示される小判のイラストをタップすることで取得できます。

 

また気になったお店は、タップするだけで、場所、営業時間、サービス内容などの詳細情報を確認することができ、来店して取得したc0banを使用して、支払いをすることもできます。見終わったCMを右にスライドすることで、「お見事」、左にスライドすることで「御免」という評価ができ、非常に簡単です。評価をし終わったら、またすぐに次のCMを見ることができます。

c0banの便利な投げ銭機能

その他にも投げ銭機能という機能で、企業やアーティストなどの動画投稿者を応援する事や、自ら動画を作って広告主になるということも可能です。現在では、動画数は120本を突破しています。また、アカウントも日本及び海外で1000アカウントを突破しました。
現在、加盟、使用できる店舗・サービスは、

  • 月島のもんじゃ名店「おしお」の全店舗(東京都)
  • 焼肉の焼焼88
  • もつ鍋のほんじん
  • 居酒屋Dining総(そう)
  • 襟懐炭焼 鳥開(きんかいすみやき とりかい)
  • onze holdings(オンズホールディングス)
  • onze confiance(オンズコンフィアンス)
  • Alive
  • BOMA TOKYO(ボーマトウキョー)
  • クラブTwo Dogs(トゥードッズ)
  • ヨガレッスンのきらめきヨガ
  • 勉強カフェ(仲間が見つかる大人の自習室&駅前会議室)
  • IDOLStadium(アイドルスタジアム)
  • IDOL STAGE(アイドル ステージ)
  • アニソンArcadia(アニソンカフェ&バー)
  • cafe Andante(カフェ アンダンテ)
  • えすぽわ~る(メイドカフェ&バー)
  • chouchou(メイド、ネコ、イヌカフェ)
  • すし屋が始めた海の丼
  • 丼丸
  • 上杉屋の家
  • Liebe
  • PULL UP DANCE STUDIO(プルアップダンススタジオ)
  • Facial Salon
  • HUNZA GREENEA
  • GOLF EST
  • E’s株式会社
  • MARISCOS800
  • 居酒屋ウラニワ
  • NPO法人のTerra Renaissance
  • メイドカフェ&バーまーめいど
  • メイドカフェ&フォトスタジオFlone
  • バースデー健診
  • ホビー&TCGメイドカフェでゅえりお
  • Le Ciel(ル シエル)
  • アパレルショップのNOVIA+NOVIO FORMAL LIFE(ノビアノービオ)
  • スマホアプリの妖怪育成忌憚あやかし百鬼夜行
  • HUMANLOVE
  • 回転角名RPGモンスタードライブレボリューション
  • 韓国家庭料理
  • 焼肉の釜山
  • 俊楽
  • エナジードリンクを販売している28BLACK

などがあります。

現在の総合店舗数は83店舗ですが、まだ開発され、リリースして間もないため、順次拡大していきます。今後は店舗動画だけでなく、ナショナルブランド、飲食、旅行、化粧品、不動産、人材、教育、webコンテンツ、ゲーム、スポーツ、ドローン、面白動画、また地域との連携による地方創生に関する動画など様々なジャンルの広告動画を出していく予定になっています。また導入している店舗を地図上に可視化することができるアプリサービスもオープンしています。情報はホームページだけでなく、Facebookでも確認することが可能となっています。

動画を見る側にとってもお得ですが、店舗もお得なサービスです。店舗のメリットは、100%最後まで動画を見てもらうことができることで、優良な顧客を得ることができる点と、消費者が利用することで、c0banが企業側に戻ってくるため、広告費の削減になることも大きなメリットとなります。

c0banの始め方

投資として取引を始める為には、取引サイトで本人認証を行う必要があります。本人認証をするためには、免許証、パスポートなど、本人確認ができるものが必要になります。方法は、アカウント管理から、プロフィールの設定、SMS認証、取引パスワードの設定をし、個人認証のために必要なファイルをアップロードします。

このファイルによって、と名前、住所、生年月日を取引サイトが確認します。その後、取引開始のための証拠金を入金します。そして、取引サイトから、取引に関する書類が送られてきます。これらの個人認証がされるには、営業日5日~1種間程度の時間がかかります。証拠金は、10,000円以上の入金が必要となり、その内の1,000円は個人認証確認事務手数料として差し引きされます。この証拠金を使って取引をすることも可能です。
取引の最低買い付け金額は1,000円からで、買い付け単位は100円となっています。また、最低売り付け金額は10枚からで、売り付け単位は1枚となっています。円に交換することは可能ですが、他の仮想通貨や、ドルなど他の外国通貨と取引することは、現在ではできないようになっています。取引所から円を出金したり、c0banを出金したりすることも可能です。
取引所サイトは2017年3月にオープンしたばかりなので、対応できるサービスは順次拡大されていきます。

セミナーも開催されており、4月8日には東京都銀座、4月11日には香川県丸亀市、4月12日には香川県高松市で開催され、4月28には大阪府大阪市の関西大学で開催予定です。
これまでに財形新聞や、朝日新聞デジタル、exiciteニュースなどにも掲載された実績もあります。