仮想通貨「Primecoin」が使用できる場所や使用方法 投資はできるの?

Primecoin(プライムコイン)はPeercoin(ピアーコイン)を作ったサニー・キング氏が2013年に生み出した別の仮想通貨で、採掘(マイニング)に使用される特殊アルゴリズムを元に名付けられました。Bitcoin(ビットコイン)はhashcash(ハッシュキャッシュ)というアルゴリズムを使用して、Bitcoin(ビットコイン)の重複回避や認証を行っていますが、Primecoin(プライムコイン)はhashcash(ハッシュキャッシュ)を行わないで、Proof of work(プルーフオブワーク)を使った暗号通貨です。

カニンガム鎖というPrime number(プライムナンバー)という素数を繋げた文字列を探します。RSA暗号は素数が大きければ大きいほど暗号効果が高いとされていて、1970年代頃から暗号化したメッセージをやり取りする際利用されていた手法です。カニンガム鎖はCunningham chain of 1st kind(第1カニンガム鎖)とCunningham chain of 2nd kind(第2カニンガム鎖)、そしてbi-twin chain(ビットツイン鎖)という3つの素数の列を探す計算を行います。その結果、Primecoin(プライムコイン)のネットワークはさまざまなことにエネルギーを利用しています。

採掘(マイニング)だけでなく、ブロック難易度においてもいくつか進歩を持ち、ブロックの採掘(マイニング)はBitcoin(ビットコイン)のような半減期に、急に半減するようなインパクトを発生させません。Difficulty(ディフィカルティ)つまり難易度がアップし、採掘(マイニング)できる率が低下するアルゴリズムによって行われ、以前のブロックのハッシュレートをベースにしてDifficulty(ディフィカルティ)を調整します。Primecoin(プライムコイン)の供給量には上限がないのが特徴で、採掘する人のDifficulty(ディフィカルティ)の調整によって変更することができます。Primecoin(プライムコイン)には開発チームとコミュニティがあり、さまざまな取引所において使用できる主要な通貨の1つになりつつある状態です。

Bitcoin(ビットコイン)など他の仮想通貨との取引において、ペア通貨的な使用方法で運用されており、モナーコイン取引所など多くの取引所で投資目的として積極的に取引されています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です