仮想通貨「Feathercoin」が使用できる場所や使用方法 投資はできるの?

仮想通貨「Feathercoin(フェザーコイン)」は、2013年4月16日に開始され、同じ暗号通貨であるlitecoinの高速通信化を実現し、かつ軽量化されたバージョンとして設計されました。ビットコイン以外の通貨であるアルトコインは、世界中で大量発行されていすが、Feathercoinはアルトコインの中で最も成熟している仮想通貨の一つとして数えられています。

イギリスの名門大学であるオックスフォード大学を構成しているカレッジの一つである、ブレーズノーズのインフォメーション・テクノロジー責任者であるピーター・ブッシュネル氏が、Feathercoinのリード開発者として立ち上げに参画しました。

Feathercoinが2013年4月16日に始まって以来、安定して使用できる環境が続いていました。しかし、開発のわずか2カ月後である2013年6月に、Feathercoinは51パーセントにおよぶアタック攻撃を受けました。フェザーコインで投資をしていた人は、これにより若干の影響を受けましたが、2013年8月、9月には早くも急激な値上がりに転じました。

その後、しばらくの間、フェザーコインの値は大きく下がりましたが、現在は比較的安定した状況で推移しています。また、ネットワーク・ハッシュレートも、安定している方の仮想通貨であり、様々なアルトコインが発行されるなかでも、フェザーコインは一定のファン層の心をつかんでいます。

2013年6月にアタック攻撃を受けたフェザーコインは、ブロックチェーンの中にアドバンスド・チェック・ポイント機能を持つようになりました。これは、マスター・ノードを経由して、チェックポイントのフェード内容を公開して、顧客のソフトウェアへの変更を不要にしたものです。

チェック・ポイント機能は、仮想通貨の使用方法としてあまり知られていません。これは、ブロックの内容をレコードすることによって、ブロックチェーン自体の整合性をメンテナンスする手法になっています。ビットコインや他のアルトコインでは、顧客のコードにチェック・ポイントが格納されているケースがほとんどです。

セキュリティの高いチェック・ポイント機能によって、フェザーコインはその後、大きな攻撃を受けておらず、信頼を回復しています。51パーセント攻撃を受けた仮想通貨の中で、現在も存続しているアルトコインはフェザーコインだけになっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です