仮想通貨「Infinitecoin」が使用できる場所や使用方法 投資はできるの?

仮想通貨は、日本でも注目が集まっており、新聞や雑誌など様々なメディアで特集されることが多くなっています。最近では、暗号通貨と呼ばれることも多いです。

暗号通貨の中で、最も有名なのがビットコインです。ビットコインは、P2Pネットワークを利用して運用される暗号通貨です。ここ数年で、ブロックチェーン技術が様々な分野で利用されるようになっています。ビットコインも、ブロックチェーン技術を使っています。

仮想通貨、暗号通貨というと、電子マネーを想像する人も少なくありません。日本では、様々な電子マネーが使われています。しかし、ビットコインと電子マネーとでは大きな違いがるのです。ビットコインの価格は、外貨取引と同じような変動制になっており、需要が増えれば価格は上昇します。逆に、需要が減ると価格は下がるのです。通貨は、中央銀行が管理を行っています。日本であれば、日本銀行が管理を行っています。しかし、ビットコインには、発行を管理する組織が存在しないのです。

ビットコインのような暗号通貨は、コンピューターネットワークを利用して分散して管理が行われています。データを分散して管理しているので、中央に巨大なシステムを置かなくても安全に管理することができるわけです。ビットコインの成功により、様々な暗号通貨が次々に誕生しました。Infinitecoinもそのひとつです。Infinitecoinは、scryptと言われるアルゴリズムに基づいた多供給量の暗号通貨です。scryptは、ビットコインのアルゴリズムを組み合わせたものですが、計算はビットコインのアルゴリズムよりも優れています。scryptは、大量の高速RAMに有利です。

Infinitecoinは、ビットコインに比べると、かなり小規模です。ビットコイン以外の暗号通貨は、アルトコインと呼ばれています。アルトコインは、基本的にどの通貨もビットコインを元にして開発されています。ビットコインの欠点を補ったり、ビットコインにはない新しい機能を搭載しているのが、アルトコインの特徴です。アルトコインは、様々なシーンで使用できるもので、使用方法は使う人により違います。最近は、投資対象として見ている人も増えています。

アルトコインを投資対象とする場合、大切なことは、対象のコインをよく知ることです。
現在、アルトコインの数は1000種類以上あり、今後さらに増えると予測されています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です