仮想通貨「Likecoin」が使用できる場所や使用方法 投資はできるの?

仮想通貨「Likecoin(ライクコイン)」は、以前VIPコインと呼ばれていました。旧VIPコインと同じ名前の仮想通貨が、海外に存在していたことから、2014年1月に名称をLikecoinに変更して、改めて公開されました。Likecoinは、採掘している人口が少なく、ディフィカルティとハッシュレートが低いことで知られており、その分だ保有者が限られている仮想通貨になっています。

仮想通貨であるKumacoinの開発者が、Kumacoin前に開発したものがLikecoinです。Likecoinは、Scypt形式の暗号を使っているため、ハッシュレートが小さい場合のASICであったとしても、採掘することが簡単になっています。以前は、Lavaプールで採掘することが可能になっていましたが、現在使用できるのはLAマイニングプールになっており、ここで採掘することができるようになっています。

ライクコインは、2014年7月12日に、MonacoEXに上場をして、他国で作られた暗号通貨との取引や投資が可能になりました。しかし、ゲートウェイ(取引所)が閉鎖されたことによって、2014年10月15日にライクコインの取引は停止されています。

現在、世界中のゲートウェイでライクコインを上場している取引所がないため、使用方法が限定的な状態になっています。インターネット上でのオークションサイトなどでも、ライクコインの出品はほとんどないため、採掘によって入手をするか、アルトコインや仮想通貨、暗号通貨の両替所のような販売運営を行っているような業者やサイトを見つけるしか方法がなくなってきています。

2014年8月に、twitterの中でオンラインウォレットである「@tiplike」がオープンになりました。これにより、ライクコインをtwitterの中で交換や取引を行うことができるようになりました。また、コマンドによって、「@tiplike giveme」を送れば、いくばくかのライクコインが入手できるようになっています。

海外のアルトコイン収集家、暗号通貨愛好家が、「@tiplike」を利用していることがあります。ただし、両替所に対して、「@tiplike giveme」を送っても、現在ライクコインを取り扱っているところが存在しておらず、入手することはできなくなっています。現在は、ライクコインを使用できるところを見つけるのが難しくなっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です