仮想通貨「WorldCoin」が使用できる場所や使用方法 投資はできるの?

経済ニュースなどで報道されることが多くなったビットコインなどの仮想通貨は、暗号通貨とも呼ばれています。
仮想通貨法が施行され、利用者保護のためのルールも整備されたことによって、大きな注目を集めています。

大手家電量販店でも、ビットコインでの支払いができるようになっています。WorldCoinは、分散型P2Pの暗号通貨です。WorldCoinは、暗号通貨の中でもスピードが売りで、取引速度はビットコインの20倍です。ビットコインの場合は、何度も検証を行うため、取引にかなり時間がかかることもありますが、WorldCoinであれば、スピーディーに作業が完了します。

取引に30秒ほどしかかからないため、創設された当時は話題となりました。商用としても使用でき、使用方法は多岐に及びます。投資対象としても使用できるのは、他の暗号通貨と同じです。ビットコイン以降に創設された暗号通貨は、アルトコインと呼ばれています。ビットコインが市場に浸透して需要が増えたことで、世界各国で様々な暗号通貨が誕生しています。暗号通貨で最も有名なビットコインは、ブロックチェーンを元に構築されています。

ブロックチェーンとは、取引したデータを、特定のコンピューターによって集中して管理するのではなく、複数のコンピューターで分散して管理をする技術です。これまでの中央集中型の管理システムでは、何らかの理由によりデータが不正に書き換えられた場合、システムを運用する会社の管理者がデータを復旧するので、膨大な時間がかかっていたのです。しかし、ブロックチェーンだと、同じデータを複数のコンピューターで分散して管理を行っているので、一部のコンピューターが使えなくなっても、正しいデータを監視しているコンピューターが他にもあるため、データを素早く復旧することができます。

また、分散管理型のシステムだと、すでに存在する複数のコンピューターの資源を使うため、運用コストを大幅に削減することができるのです。ブロックチェーンは、世界を変えると言われています。なぜなら、ブロックチェーンの技術により、公正な取引を保証することが、中央管理者なしでできるようになったからです。仮想通貨が通用するのは、暗号技術が使われているからです。

暗号技術に対する高い信頼性によって、デジタルデータでの通貨に対する信頼が担保されているのです。
ブロックチェーンは、金融分野を超えて、様々な分野でも活用が始まっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です